のんある。ライフハック

ノンアルでも酔っているような

共働きSEの楽しいライフハック生活。

確定申告

2019年01月09日
お役立ち情報 0
今年7月に中古マンションを買いました。
所有権を半分ずつにしたいことと、共働きなので住宅ローン控除を当て込んでペアローンを夫婦で組みました。

で、住宅ローン控除って初年度は確定申告を税務署に自分でしなくちゃダメだということを知らなったんですよね。

必要な書類をざっと調べると盛りだくさん。

------------------------------------
1.確定申告書(A書式)
2.(特定増改築等)住宅借入金等特別控除額の計算明細書
3.源泉徴収票(会社員などの場合)
4.住民票の写し
5.住宅ローンの「年末残高証明書」
6.建物・土地の不動産(売買契約書・工事請負契約書のコピー)
7.建物・土地の登記事項証明書


※※※※親から住宅取得等資金の贈与非課税の書類※※※※
1.受贈者の戸籍謄本
2.源泉徴収票又は所得税の確定申告書の控え
3.請負契約書や売買契約書の写し
4.登記事項証明書

(2~4は被ってそうですね)

------------------------------------

これらの書類をかき集めて2月16日~3月15日という1か月の間に提出しなくてはならん訳ですよ。
さらに私は親から住宅取得等資金の贈与を受けてるので非課税の枠ではあるのですが、これまた申告が必要らしいのです。


めんどくさい。。。。

会社員なので確定申告とは無縁の存在、税務署に行ったことすら記憶上では無い。
土日に申告可能な日は2日間しかないし、普通に考えたら激混みでしょう。
わざわざ、このために有給休暇使ってしまうのもバカバカしいし…。

てか、こういう時こそ、e-Tax使うしかなくない?

実際に国税庁のホームページにもe-Taxをめちゃくちゃ推奨してる訳だし、ネットを見たら書類に不備があれば電話で連絡が来るって書いてあるので、期間の早めに申告を出してしまえば良いわけで。
しかも、e-Taxは確定申告の期間が窓口よりも早く、1/4から開始されます。先に必要書類を掻き集めておけば、サクッと申請可能でしょ。


で、肝心の必要書類の集め方ですが、こうです。

------------------------------------

■源泉徴収票(会社員などの場合)
→会社で入手

■住民票の写し
→市役所、またはマイナンバーカードがあればコンビニ入手可能

■受贈者の戸籍謄本
→市役所、またはマイナンバーカードがあればコンビニ入手可能
 (※平日のみコンビニ出力可能だったり、自治体によってコンビニ不可の場合もあるので要確認)

■住宅ローンの「年末残高証明書」
→銀行より発送される。銀行により1月中旬発送の場合もあるので注意。

■建物・土地の不動産(売買契約書・工事請負契約書のコピー)
→契約した際にもらった書類

■建物・土地の登記事項証明書
→地方法務局、または登記・供託オンライン申請システムを利用すればオンライン入手可能。
 (オンライン申請をすれば、郵送で送ってもらうことができる)
 支払方法はATMを利用したペイジーか、ネット銀行が使えます。(○○ダイレクトみたいなのに入ってれば、その銀行から支払えます)
 受付は13時にお願いしたら、即日中に処理完了しました。急ぎなら、有料で書留や速達指定も可能です。


上記の全ての書類がそろった時点で国税庁のサイトで、下記はブラウザ入力します。
必要書類を税務署に郵送を利用する場合も同様です。集めた書類を元にブラウザで入力します。

■確定申告書(A書式)
■(特定増改築等)住宅借入金等特別控除額の計算明細書
→国税庁のe-Taxのサイトから入力する

------------------------------------


ちなみに、今はフェリカやパソリ等のカードリーダーが無くても、IDを発行してもらってe-Taxを利用する方法があるようです。
(※私の場合はフェリカを持っているのでマイナンバーカードを利用してカードリーダーで実施します)

書類はPDFで添付する必要があります。
スキャンしてPDFに保存すれば良いそうです。

その辺りが分からない場合で窓口で受け付けてもらう時間がなければ、郵送を選択すれば良いかと。

つまりですね。

マイナンバーカードさえあれば、税務署はおろか、市役所にも法務局にも行く必要は無いわけです。


日曜受付の日に何時間も並ぶのは嫌だし、絶対にe-Taxが便利だと思います。

あとは実際にやってみてどうなのか……………どきどき。


----------------------追記-----------------------------

結局、e-Taxは見送り、ネットで必要事項を入力し、郵送する方法を取ることにしました。
(後々、書類の送付が後付で出る可能性があることが判明しました)

やり方は上記方法と、ほぼ同じで申告方法だけ電子ではなく、郵送になるイメージです。

役所にいかなくても全ての書類が揃うので、ぜひぜひ、住宅ローン控除や贈与のための1回きりの申告はネットやマイナンバーカードを利用した書類の取得をオススメします!

気に入ったらシェア!

るく太
この記事を書いた人: るく太

アメフトと競馬をこよなく愛す、共働きへっぽこSE。

読書や投資信託、最新テクノロジーからサブカルに至るまで興味のあることには何でもガツガツです。

ラクして楽しい生活づくりのライフハックを日々考えて暮らしています。

南の島出身の夫とサビ猫が家族。

コメント0件

コメントはまだありません